video corpo

テーパー歯科インプラント PSS
チタン製インターナル六角形アナトミカル

テーパー歯科インプラント
テーパー歯科インプラント
テーパー歯科インプラント
テーパー歯科インプラント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
テーパー
素材
チタン製
接合部
インターナル六角形
形状
アナトミカル
機能
セルフドリリング, セルフドリル

詳細

シンプルで精密 PSSデンタルインプラントファミリーの形状と特徴は、細心の注意を払った製造プロセスと共に、インプラントは最大限の精度、手術中のスムーズな挿入を保証し、患者にとってより快適で自然な治癒プロセスを実現します。 PSSファミリは、従来のインプラント設計と表面処理を採用し、骨からインプラントまでの表面積接触を大きくします。 内部六角 接続接続は非常に正確で、簡単な修復プロセスを可能にするすべての直径のプラットフォームです。 冠状部分 表面はインプラントの頂部に向かって粗く、骨の再吸収と肋骨ストレスを軽減して荷重分布を改善します。 最も冠状部は酸エッチングのみで処理されます。 2つのマイクロリング(チャネル)設計を有する冠状部は、一方の手で皮質骨への圧力を低減し、他方の最も冠状部分の周りに最大骨量を可能にする、このように可能な限り最小限の骨吸収を可能にする。 インプラントボディ テーパーボディデザインは、骨切開術、骨の凝縮への簡単で滑らかな挿入を可能にし、したがって、高い初期安定性を提供します。 インプラントスレッド ダブルスレッド(2x2.4mm)設計で効率的な移植を実現。 冠状部分の可変スレッドは、より厚い台形であり、中間部分薄い正方形で、頂端部V字形で、迅速な挿入、骨の凝縮およびセルフタッピングを可能にする。 頂端部分先端部は、デュアルエントランス、セルフタッピングおよび自己穿孔を可能にする、狭く、深く、鋭い先端部始動スレッドを備え、解剖学的構造の損傷を防ぎ、高い安定性を提供します。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。