1. 製品
  2. 吸引シリンジ
  3. Radiometer Medical

吸引シリンジ safePICO
ガス投与1ml安全機構付き

吸引シリンジ
吸引シリンジ
吸引シリンジ
吸引シリンジ
吸引シリンジ
吸引シリンジ
吸引シリンジ
吸引シリンジ
吸引シリンジ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
吸引, ガス投与
容量
1ml
オプション
安全機構付き

詳細

動脈血サンプラー(血ガスキット)で血液ガス検体の混和をサポート safePICO動脈血サンプラー(血ガスキット)は混和機能を向上させます。 内蔵されたミキシングボールで均一な検体の確保をサポート safeTIPCAPで血液への接触リスクを低減 あらかじめ付与されたバーコードで患者と血液検体を正しく紐付け セーフガード(針刺し事故防止装置)で針刺し事故のリスクを低減 乾燥電解質バランスヘパリンはサンプルの凝固のリスクを低減 測定前段階において混和が重要である理由 ラジオメーターが開催した血液ガス検査の測定前エラーを回避するためのWebセミナーにおいて、参加者の48%が血液ガス検査の測定前段階の最も多いエラーとして混和に関する問題を挙げています。混和に関連するエラーの例には、検体の凝固または溶血があります。 safePICO動脈血サンプラーは検体の混和を確保できるように設計されています。このため、safePICO動脈血サンプラーにはミキシングボールおよび乾燥電解質バランスヘパリンが内蔵されており、凝固のない均一な検体をを確保できるよう支援します。 safePICO動脈血サンプラーは以下に示すその他の測定前エラーの低減をサポートいたします: 検体中の気泡 針刺し事故 患者検体の識別の問題 手動混和と自動混和 safePICO動脈血サンプラーに内蔵されたミキシングボールは、検体の手動混和を支援いたします。 手動で検体を混和する場合、溶血のリスクを低減するため、激しく混和しないよう注意が必要です。[1] 血液ガス分析装置に内蔵されている自動混和機能は、均一な検体の入手を支援いたします。[2] 複数の研究において、手動混和と自動混和を比較した結果、検体の均一さと精確な結果の入手において自動混和のほうが優れていることが示されています。

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

Radiometer Medicalの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。