X線検出器 RTI Scatter Probe
医療画像

X線検出器
X線検出器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

測定可能パラメータ
X線
応用
医療画像

詳細

100cm²のセンサを使用して、IECやCFR規格に準拠した散乱・漏れ測定が可能になりました。散乱・漏洩検出の革命 RTI散乱プローブは、X線環境下での散乱・漏洩検出用の頑丈でフラットな最先端の検出器です。10cm²と100cm²の2つの独立した検出器エリアを持つ独自の設計により、現行のX線散乱・漏洩測定の規制や規格に対応しています。 バリア、散乱、および漏れの測定には、以下のようなさまざまな業界標準が適用されます。 21 CFR 1020.32、21 CFR 1020.30、IEC 60601-2-3、IEC 60601-2-54、および IEC 60601-1-3。 これらすべての規格に共通しているのは、一定の距離で10または100cm²の面積を測定しなければならないということです。 RTIスキャッタプローブの検出器エリアは、これらの基準に完全に準拠しています。 スキャッタープローブは、新しいOcean Next™ソフトウェアと互換性があります。 プローブのご注文は、今すぐRTIセールスまでご連絡ください。 sale.us@rtigroup.com (北米) または sales@rtigroup.com (その他の地域)

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。