自動サンプル準備システム
研究室用リキッド ハンドリング用卓上

自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作
自動
応用
研究室用
用途
リキッド ハンドリング用
設定
卓上

詳細

ルドルフ・リサーチ・アナリティカル社の密度計と屈折計の組み合わせ。 密度と屈折率の組み合わせ 多くのユーザーは、屈折率と密度の両方を測定する必要があり、組み合わせたシステムが良い選択肢になると感じています。 このようなシステムの利点は多くあります。 部品を共有しているため、システムの総コストが少なくて済む可能性があります。 システムをロードして洗浄するために必要なオペレータの時間が少なくて済むかもしれません。 多くの検査室では、密度と屈折率の結果を組み合わせ、第3のパラメータを計算するためにそれらを使用しています。 両方の結果を同じファイルにエクスポートしておくと、計算が簡単になります。 ルドルフが提供する計器の組み合わせシステムは以下の通りです。 基本 - 密度計と屈折計の光学モジュールボックス 説明このシステムは、ルドルフ密度計に取り付けられたルドルフ屈折計の光学モジュールです。ユーザーは、2つの別々の測定器と全く同じ方法で、それぞれの測定システムをロードしてクリーニングします。 このシステムはどのような方にお勧めですか? サンプル数が多くない小規模な研究室。共通のスクリーンを共有することができるので、このようなシステムを組み合わせた場合、2台の別々の装置を使用するよりも大幅に低コストになります。 密度の結果と屈折率の結果を組み合わせて、第3のパラメータを計算したいと考えている研究室。 フロースルーサンプルインジェクションを備えた基本的な密度計と屈折計の光学モジュールボックス。 このシステムは上記のシステムに似ていますが、DP(Dual Purpose)光学モジュールを使用しています。主に手動と自動のサンプルロードの橋渡しとして提供されます。ユーザーは、完全手動モードまたはシリンジを介してサンプルをロードすることができます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Rudolph Research Analyticalの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。