1. 製品
  2. RWD Life Science

単個細胞浮遊液用分離機 DSC-400
研究室用

単個細胞浮遊液用分離機
単個細胞浮遊液用分離機
単個細胞浮遊液用分離機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 単個細胞浮遊液用

詳細

RWD単細胞懸濁液溶解装置は、組織処理チューブ、組織溶解キット、および内蔵の最適化プログラムを用いて、高活性の単細胞懸濁液や組織ホモジネートを調製します。細胞生存率の高いサンプルの解離プロセスを15~30分以内に完了させることができ、実験の再現性を高めることができます。4つの独立した操作チャネルと加熱ジャケットにより、プロセスを自動化し、組織処理の効率を高めることができます。 シングルセルシーケンシング、初代細胞培養、蛍光活性化セルソーティング、細胞治療などの研究分野で広く使用されています。 インテリジェント -あらかじめ定義された標準プロセスと、カスタマイズされたプロセスに対応。 -USBポートを介してプロセスをインポートし、同期することができます。 効率性 -4つの独立したチャンネルが同時に動作し、異なる組織の処理が可能 -全自動でサンプルを処理するための加熱ジャケットを用意 -単細胞懸濁液や組織ホモジネートにも対応 穏やかに -安定したモーター回転数(20~4000rpm -カスタマイズされた組織溶解キットと組織処理チューブにより、細胞の生存率を確保し、実験のロスを減らすことができる 安全性 -複数のアラームにより、作業者とサンプルの安全を確保 -完全に密閉されたチューブは、細胞への汚染を防ぎます。 ティッシュプロセッシングチューブの仕様 エチレンオキサイド(EO)滅菌済み 独立したパッケージで、保管や使用に便利 モデル - DSC-400 サンプル量 - 20-4000mg バッファ容量 - 0.3-10mL スピード - 20-4000rpm 温度 - 37°C チャンネル数:4 操作方法 - タッチスクリーン 寸法(W*D*H) - 215*380*190 mm 重量 - ~9.0 kg

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。