EMG増幅器 eWave
2チャネル4チャネル8チャネル

EMG増幅器
EMG増幅器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

シグナル
EMG
チャンネル数
2チャネル, 4チャネル, 8チャネル
応用
医療研究用

詳細

骨盤底筋の再訓練のためのバイオフィードバック? 骨盤底筋の再訓練のためのバイオフィードバックは、患者さんが骨盤底筋を強化したりリラックスしたりすることで、腸や膀胱の機能を改善したり、骨盤底筋の痛みを軽減したりするための治療法です。 この治療法は痛みを伴わず、特殊なセンサーとコンピューターモニターを使用して、筋肉の活動に関する情報を表示します。 この情報や「フィードバック」を利用して、骨盤底筋の機能に敏感になり、練習によってコントロールできるようになります。 骨盤底筋バイオフィードバック療法の重要な点は、自宅で骨盤底筋のエクササイズを継続的に行うことです。 バイオフィードバックによって、患者は間違った筋肉を使うのをやめ、正しい筋肉を使うようになる。 どのような人に効果がありますか? 骨盤底筋の再訓練によって改善される可能性のある症状には、事故による腸の漏れ(ABL)、尿失禁、排泄が困難または痛みを伴う便秘、およびいくつかの種類の骨盤底部の痛みがあります。 EMGバイオフィードバックとは? EMGバイオフィードバックとは、筋肉の電気信号を視覚や聴覚の信号に変換することで、新しいフィードバックシステムを構築し、筋肉を再トレーニングする方法です。EMGは、表面電極を用いて骨格筋の活動の変化を検出し、その変化を通常は視覚や聴覚の信号としてユーザーにフィードバックします。EMGバイオフィードバックは、弱った筋肉や麻痺した筋肉の活動を増加させるために使用することも、痙攣した筋肉の緊張を緩和するために使用することもできます。EMGバイオフィードバックは、筋骨格系と神経系の両方のリハビリテーションに有効であることがわかっています。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。