LC/MSクロマトグラフィー システム LCMS-8060NX
液体トリプル 四端子ESI

LC/MSクロマトグラフィー システム
LC/MSクロマトグラフィー システム
LC/MSクロマトグラフィー システム
LC/MSクロマトグラフィー システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
液体
検知タイプ
トリプル 四端子, ESI, LC/MS

詳細

島津製作所の三重四重極質量分析のノウハウの集大成 IonFocus™ ユニット 新開発の集束電極付きESIプローブは、より効率的にイオンを質量分析計に導入し、汚染物質を排出することでノイズを低減し、より安定したデータを提供します。また、ヒートアシスト設計の改良により、幅広い化合物のイオン化を促進します。(特許技術です。) ケーブルやチューブのないシンプルなデザイン。ワンタッチレバーで簡単に着脱ができます。 イオンガイドの再設計により、感度を損なうことなくロバスト性が向上しました。UF-Qarray IIのメンテナンス およびUF-レンズIIは、工具なしで簡単に行うことができます。 簡単なメンテナンス・インターフェース LCMS-8060NXは、従来のメンテナンスのしやすさをすべて継承しています。試料を真空中に導入するデソルベーションライン(DL)とESIキャピラリーの交換が簡単かつ短時間で行えます。DLは真空を維持したまま交換できるので、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。 ESIキャピラリー交換の手順 堅牢性と使いやすさ 感度を最大化し、マトリクス効果を最小化 新開発のIonFocusユニットでは、イオン輸送電極により中性マトリックス粒子を効率よく排出することで、マトリックス効果による感度ロスを低減しています。下のグラフは茶葉中の残留農薬の分析例です。LCMS-8060NXの世界最高水準の極性反転速度(5ms)とデータ取り込み速度(1.5ms)により、多成分の高速分析でも安定したデータが得られています。また、IonFocusユニットは、より効率的にイオンを検出器に導入し、信号強度を向上させています。試験した100化合物のうち、96%が優れた回収率を示しました。

---

ビデオ

カタログ

LCMS-8060NX
LCMS-8060NX
12 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。