研究室用遠心機 Sigma 3-16KL
卓上冷蔵

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用
設定
卓上
温度制御
冷蔵
速度

15,300 rpm (96,132.7 rad.min-1)

詳細

この実用志向の実験用遠心分離機は、その優れた能力と幅広い用途で高く評価されています。高性能・高信頼性とともに、比類のない汎用性を備えています。また、ロータやアクセサリも充実しており、バランスのとれた万能遠心分離機として、さまざまな用途にご利用いただけます。 冷凍式万能遠心分離機Sigma 3-16KLの魅力 シグマ3-16KLは、心地よい静粛性、特許取得のワンノブコントローラーと照光式ファンクションキーによる直感的な操作性など、優れた特徴を備えています。また、オプションで自動開閉蓋を設定すれば、運転終了を簡単に確認することができます。 この遠心分離機は、最大 400ml という驚異的な容量を持っています。固定角型およびスイングアウトローターの幅広い選択肢と、多くのバイオセーフ構成を含むバケットおよびアダプターの豊富なアクセサリーが利用できます。多くの検体管に対応することで、高い汎用性を実現し、ハイスループットなアプリケーションを含む、非常に幅広いタスクに使用することができます。 Sigma 3-16KLは、-10℃から+40℃の温度範囲で精密に調整可能な高性能冷凍システムを搭載しています。ラピッドテンプ・クイッククーリング機能により、遠心機室と付属品をあらかじめ決められた温度まで冷却することができます。これにより、試料を加熱から最適に保護することができます。 ユーザー IVD ビオセーフ スイングアウトローターと固定角度ローター クリニック・細胞培養パッケージ

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

Sigma Laborzentrifugenの全カタログを見る

Sigma Laborzentrifugenのその他の関連商品

Centrifuges

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。