研究室用遠心機 Sigma 6-16KHS
卓上可動槽式角度

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用
設定
卓上
回転子の特徴
可動槽式, 角度
温度制御
加熱
性能
大容量
速度

最少: 0 rpm (0 rad.min-1)

最大: 15,000 rpm (94,247.8 rad.min-1)

詳細

卓上型遠心分離機のコンパクトさと床置き型遠心分離機の性能を併せ持つ。シグマ6-16KHSは、冷蔵・加温型の遠心分離機で、ルーチンワークから研究用まで幅広い用途に対応します。固定式およびスイングアウトロータによる高い処理能力とともに、最大 25,419 x g までの RCF 値を容易に達成します。 特に、大容量の固定角ロータと高RCFを使用できるため、競合機と比較して、より幅広いアプリケーションに対応することができます。 シグマ6-16KHSは、ブラッドパウチ、石油フラスコ、マイクロタイタープレートやディープウェルプレート、0.2mlから1000mlまでのチューブやフラスコなど、あらゆる場合に正確な分離結果を提供します。 微生物学や分子生物学、薬剤学、ゲノミクス、臨床診断、バイオプロダクション、細胞培養研究所、輸血施設などで広く使用されています。12個の固定角度ローターと6個のスイングアウトローターがあり、多数のバケットとアダプター(多くのバイオセーフコンフィギュレーションを含む)が用意されています。シグマ6-16KHS冷蔵・加温遠心機は、温度範囲が-20℃から+60℃まで正確に調整でき、特に試料の粘度を下げなければならない用途に適しています。 シグマ6-16KHSは、わかりやすく整理されたディスプレイが特徴です。特許取得のワンノブコントローラー「スピンコントロールS」は、優れた操作性とプロセスの信頼性を提供します。分離実行と収率の最適化は、ユーザー独自の設定が可能な60のプログラムと、加速または制動曲線として使用する30のプロファイルによってサポートされています。

---

ビデオ

カタログ

Sigma 6-16HS
Sigma 6-16HS
8 ページ

Sigma Laborzentrifugenのその他の関連商品

Centrifuges

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。