血漿解凍用水槽 LTB-20, LPB-20
マイクロプロセッサー制御式卓上

血漿解凍用水槽
血漿解凍用水槽
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
血漿解凍用
温度制御
マイクロプロセッサー制御式
設定
卓上
温度域

最少: -37 °C (-34.6 °F)

最大: 4 °C (39.2 °F)

詳細

Labtopマイクロコントローラーによって基づく血しょう分解の浴室は卓上モデルである、なぜなら37.0°C.温度の血しょうの速く分解はマイクロコントローラーの基準温度のコントローラーによって制御される。 LabtopのモデルLPB-20 Cryoprecipitateの浴室は安全ににそして確実に分解するcryoprecipiated Antihemophilic要因(AHF)の回復のための新しい凍らせていた血しょう(FFP)を設計されている。 特に設計されていた皿を使うと1つは血しょう袋の安全について確実である場合もある。 分解の温度は4ºCで前もって調整され、±0.2ºCの安定性と維持される。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。