負圧創傷治療装置 VERSAJET™ II

負圧創傷治療装置
負圧創傷治療装置
負圧創傷治療装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

治療のタイプ
負圧

詳細

VERSAJET IIシステムは、外科医が傷、火傷、軟部組織の損傷から活性化しない組織、細菌、汚染物質を正確に選択し、切除し、退避させることを可能にします。1,2 ハンドピースが軟部組織の表面を接線的に移動するため、真皮の保存性を最大限に高めながら滑らかな創傷床が形成されます。組織保存技術は、閉鎖までの時間を短縮し、全体的な治療費を削減することができます。1,3,6 最適な結果 臨床成績 細菌負担の軽減 6 生存組織の保存 1,2,3 不要な壊死や破片を除去 1,2,3 改良されたグラフトと合成ドレッシングの結果 3,7 輪郭領域、ウェブスペース、顔面構造の改善された切除 3,4,5 末梢組織の損傷を最小化 1,2,3 健康経済的成果 デブリドメント数の削減 1,9 従来の方法と比較して治癒時間を短縮 9 手術室の時間を6,8時間短縮 リピート手順の削減 1,9 クロスコンタミネーションの最小化 5,11 治療費の削減

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。