手術用ビデオレコーダー HVO-550MD
診断用USBフルHD

手術用ビデオレコーダー
手術用ビデオレコーダー
手術用ビデオレコーダー
手術用ビデオレコーダー
手術用ビデオレコーダー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
手術用, 診断用
特性
USB, フルHD

詳細

内部および外部メディアへのHDビデオの同時録画やネットワーク共有により、時間を節約できます。様々なモダリティや外部コマンドアクセサリに対応しています。 患者さんの記録から、教育、トレーニング、他の医師への紹介まで、現代の医療ワークフローは、HDビデオ録画による利便性の向上と詳細な情報を得ることができます。 HVO-550MD医療用デジタルネットワークレコーダーは、病院の放射線室や手術室、手術センター、医師のオフィスなど、幅広い臨床環境での使用を想定して設計されています。 超音波診断装置、デジタルX線装置、内視鏡装置、腹腔鏡装置、その他の診断・手術用画像処理装置からの高精細映像の保存に適しており、現行および従来の様々な機器との接続が可能です。 HVO-550MDは、HDまたは標準画質の映像を大容量の内蔵ハードディスクドライブに保存します。簡単なメニュー操作で、外付けのUSBドライブやネットワークサーバーへの同時録画や、内蔵のDVDドライブへの直接書き込みが可能です。この同時録画機能により、録画後に映像ファイルを別の記憶媒体に書き出したり、コピーしたりする必要がなくなり、時間の節約になります。また、貴重なデータの紛失を防ぐことができます。 本機はDVO-1000MDの後継機として最適です。RS-232CまたはUSBで制御するコマンドセットを共有しているため、ハードディスクベースのHDワークフローへの移行がスムーズに行えます。 また、DVO-1000MDのような標準画質の録画機に比べて、720pまでの鮮明なHD映像を記録することができ、画質が向上します。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。