移動式研究所用冷却器 UC series
再循環式

移動式研究所用冷却器
移動式研究所用冷却器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

設定
移動式
特性
再循環式
温度域

最大: 130 °C (266 °F)

最少: -40 °C (-40 °F)

詳細

ウルトラクール再循環チラーは、-40 ~ + 130C(範囲はモデルによって異なります)の温度範囲と最大 24000ワット(81910 BTU/時)の冷却能力を備えています。 システムは遠心式ポンプまたはタービン式ポンプで利用できます。 堅牢な設計は、これらのチラーの24 時間 365 日の継続的な動作をユーザーに提供することに重点を置いています。 主な特長は、 最大 24000ワット(81910 BTU/時)の熱負荷を除去する 遠心式またはタービンタイプのポンプの 温度範囲-40 ℃ から + 130C 空気または水冷構成 + /-.5C 制御安定性 リモートコントロール用の24 x 7 動作 RS-232 用に設計された キー メリット 大容量を必要とするアプリケーション向けの大容量チラー 多種多様な用途の要件を満たす 24 時間 365 日稼働で必要に 応じて迅速なランピング機能を備えた最適な除熱能力 + /-0.5C 以上の信頼性と正確なプロセス制御 制御安定性 RS-232を使用したリモート動作 -40C ~ + 130Cの範囲の多くの広い温度アプリケーションに適合

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

SP SCIENTIFIC PRODUCTSの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。