大腿骨用髄内釘 LNS GT
転子用橈骨用近位部

大腿骨用髄内釘
大腿骨用髄内釘
大腿骨用髄内釘
大腿骨用髄内釘
大腿骨用髄内釘
大腿骨用髄内釘
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

関節 / 骨
大腿骨用, 転子用, 橈骨用
骨の部位
近位部, 末端, 内側

詳細

LNS GTネイルシステム 棘突起爪GT LNS髄内釘打ちシステムは、大腿骨近位部の骨折を論理的、便利で効果的な方法で治療するためにSurgivalによって設計され、製造されています。 釘とネジencerrojadoは、その設計のアプリケーションの結果として、オリジナルの機能を持っており、最新の臨床と生体力学的な連結の進捗状況。 器具は、術者の作業を容易にし、患者へのリスクを最小限に抑えることを目的としています。 インプラントは高強度のステンレス鋼を使用し、表面に「ショットピーニング」という処理を施して硬化させます。 L.N.S.GT スタンダードネイル L.N.S. GT STANDARD(Logic Nailing System)ネイルのデザインは、人間工学的なデータに基づいて行われた研究に基づいています。 ネイルシステムのデザインは、頸椎側角度が125ºと130ºになっています。 側方角3.5ºのため、術者は容易かつ効率的にネイルを導入することができます。 内側-側方角は最小限に抑えられています。 長さ170mmのため、内皮質との干渉を最小限に抑えることができ、ポイント効果を軽減します。 この部分に大きな応力がかかることで、爪の先端に大きな弾力性が生まれます。また、縦方向の溝があり、これが爪の先端に大きな弾力性を与えています。 このポイント効果を最小限に抑えるのに役立ちます。 L.N.S.S GT - ロングネイル L.N.S. GT-LONG(ロジックネイルシステム)ネイルの設計基準は スタンダードネイルと同じですが、以下の特徴が追加されています。 - 前傾:13°(解剖学的には左右の爪 - 前後カーブ半径:140cm - 丸型ロック穴 - 長さ:300~480mm L.N.S. GTスクリュー 遠位 遠位スクリューは ネジ式

---

カタログ

LNS GT
LNS GT
6 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。