腰椎椎体間ケージ 510K-152200,
後方進入PEEK製

腰椎椎体間ケージ
腰椎椎体間ケージ
腰椎椎体間ケージ
腰椎椎体間ケージ
腰椎椎体間ケージ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

脊椎
腰椎
外科学的アプローチ
後方進入
素材
PEEK製

詳細

「SurgTech Interbody Systemは、L2からS1までの1つまたは2つの連続したレベルの変性椎間板疾患(DDD)を有する骨格的に成熟した患者に、自家骨移植とともに使用することを目的としています。DDDは、椎間板の変性を伴う椎間板性腰痛と定義され、病歴やX線検査で確認されます。これらの患者は、6ヶ月間の非手術的治療を受けている必要があります。これらの患者は、過去に非融合脊椎手術を受けている可能性があり、関係する脊椎レベルでグレード1までの脊椎すべり症または後戻り性脊椎症があるかもしれません。" 1.ブレットノーズデザイン PLIFのブレットノーズは、人間工学に基づいて設計されており、インプラントの挿入を容易にし、エンドプレートへのダメージを最小限に抑えながら、クリアランスの小さいディスクにインプラントを挿入することができます。 2.軸方向のカナルデザイン 軸方向に大きく開いた構造は、自家骨移植が可能で、スペーサーを介して癒合ができるように設計されています。 3.最適なポジショニング 「インプラントの対向する角には2本のX線マーカーピンがあり、X線画像上でインプラントの位置や方向を簡単に確認することができます。" 4.ポリエーテルエーテルケトン(PPEK)素材 「SurgTech Interbody Systemは、生体適合性と強度が証明されているPEEK Optima®で製造されています。 5.人間工学に基づいて設計されたインスツルメント 「器具システムは、サイズ調整、減圧、操作性のための様々なオプションを提供します。PLIFインサーターは、インプラントに合わせて特別に設計されており、インパクション時の強度も実証されています。" 6.適応するサイジング SurgTech Interbody Systemは、0度と4度の前弯で2種類のフットプリントを提供しています。インプラントの高さは、1mm刻みで9~18mmの範囲です。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。