DICOMファイル用ソフト Anywhere
PACS(画像保管通信システム)用DICOMビジュアリゼーション用後処理

DICOMファイル用ソフト
DICOMファイル用ソフト
DICOMファイル用ソフト
DICOMファイル用ソフト
DICOMファイル用ソフト
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
DICOMファイル用, PACS(画像保管通信システム)用
機能
DICOMビジュアリゼーション用, 後処理
利用施設
放射線医学用, 手術室用
その他の特徴
ウェブ上, タブレット(PC)用, スマートフォン用

詳細

あらゆる場所でのイメージング: PACSを変更することなく、どこでも利用できる後処理ワークステーションのパワーです。 効率性: どこからでも、後処理ワークステーションのパワーを病院のすべてのデバイスに導入できます。 PACS は、イメージを保存およびアーカイブするために保持されます。 オーバーレイ:シンプルなワークステーションとしてPACSに接続! 1 台のサーバで 60 を超える同時クライアントを管理できます。 超高速:2000 im/s 以上、市場で販売されているPACSの100 % と互換性があります。 安全なリモートアクセスと共有セッションによる医療コラボレーション。 どのように動作するか:中央ノードからアプリケーション、軽量または重いクライアントにストリーミング技術を使用して画像を拡散します。

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。