温冷温熱性湿布 / 多目的
WB-804, WB-NT-600, WB-NT-630

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
温冷温熱性湿布 / 多目的 温冷温熱性湿布 / 多目的 - WB-804, WB-NT-600, WB-NT-630
{{requestButtons}}

特徴

  • タイプ:

    温冷

  • 体の部位:

    多目的

詳細

熱く及び冷たいパック


熱く及び冷たいパックはそこに風邪か暖かさを集める活動的なゲルである耐久のナイロン物質的な内部から成っている。

膨れることを止めリンパの生産を減らし、傷害によって引き起こされる苦痛を減らすのに冷たくか熱い療法でそれらが使用されている。

パックは再使用可能である。

熱い療法への徴候:


苦痛の減少
共同拘縮、傷、post-surgical付着
周辺神経のまひ状態
靭帯および共同カプセルの傷害
別の病因学の共同病気
退化的、変更を変形させる
RA、ように
膀胱炎
物理的なexcersicesへの準備として

冷たい療法への徴候:


locomotor器官の傷害そして過度に緊張することの後の条件
(筋肉、靭帯、等の例えば破損)
共同転位およびねじれ
periarticularティッシュの発火
激しいRA
骨関節炎の間の苦痛の状態
神経痛および苦痛シンドローム
hypertonia
subfebrileおよび熱の状態の低温に
ティッシュの膨張

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)