前臨床研究用遠隔操作インプラント Stellar
神経内科製薬産業用毒物学用

前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
前臨床研究用遠隔操作インプラント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
神経内科, 製薬産業用, 毒物学用, 前臨床研究用, 心臓病学用
動物のタイプ
小動物用, 大型動物用
測定可能パラメータ
圧力, ECG, EEG, EMG用, 心拍数, 連続血圧, 生体電位, EOG, 頭蓋内圧測定用, 温度

詳細

ステラテレメトリーは、移植可能な生理学的モニタリングにおける最新技術の進歩を表しています。このシステムでは、1台の受信機で多くの動物のモニタリングが可能となり、集団での飼育や社会的交流が容易になります。ステラのインプラントは、マウスからイヌ、大型動物までの動物モデルや、表現型、薬理学、行動学、代謝学、一般的な生理学的評価を含む幅広い研究に使用することができます。 ステラインプラントには、メモリータイプと連続タイプの2種類があります。どちらのタイプのデバイスも、最大4つの生理学的チャンネルに加えて、温度と加速度計をベースとしたアクティビティを提供します。メモリータイプのインプラントでは、インプラントのプログラミングとデータ保存により、データを失うことなく、自宅のケージから離れた場所からデータを遠隔で記録することができます。データは、インプラントがレシーバーの範囲内(約5m以内)にあればいつでも送信されます。連続タイプのデバイスは電力効率を考慮して最適化されており、デバイスのサイズ、チャンネル構成、およびユーザーがプログラムしたサンプルレートに応じて、数週間から数ヶ月間連続してデータを送信することができます。どちらのタイプのデバイスも、連続またはプログラムされたスケジュール・サンプリングをサポートし、有用なバッテリー寿命を最適化します。 ステラインプラントのユニークな機能により、屋外の自由行動ペンでの羊の血圧や心電図のモニタリング、野生のカモメの数ヶ月間の心電図/心拍数のモニタリングなどの新しい研究用途が可能になりました。

---

カタログ

PhenoMaster
PhenoMaster
13 ページ
MotoRater
MotoRater
3 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。