パノラマX線撮影用フラットパネルディテクター 2121XVCBCT撮像

パノラマX線撮影用フラットパネルディテクター
パノラマX線撮影用フラットパネルディテクター
お気に入りに追加する
比較検索に追加する
参考価格

特徴

応用
パノラマX線撮影用, CBCT撮像

詳細

PaxScan® 2121XV は、一般にパネル検出器(FPD)と呼ばれるリアルタイムのデジタルX 線イメージングデバイスです。 主なシステム・コンポーネントは、21 x 21 cm 205 um ピクセルアモルファス・シリコン FPD およびコマンド・プロセッサ CP2LC です。 Varex Imaging 独自の読み出し電子機器とカスタムヨウ化セシウムシンチレーターを組み合わせることで、優れた低線量性能が達成されます。 また、Windows® ベースのアプリケーションプログラムと通信コマンド (DLL) ライブラリも開発されており、OEM のお客様が独自のシステムインターフェイスの開発を担当する作業を支援しています。 このイメージャは、品質の高い機器メーカーによる完全なX 線システムに組み込むことを目的としています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

VAREX Imagingの全カタログを見る

VAREX Imagingのその他の関連商品

Medical Flat Panel Detectors

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。