放射線治療用管理・位置測定システム
Real-time Position Management™

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
放射線治療用管理・位置測定システム 放射線治療用管理・位置測定システム - Real-time Position Management™
{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    放射線治療用

詳細

Varian の Real-time Position Management™(RPM)システムは、肺、乳房、上腹部の治療や鮮明なイメージングを実現する、非侵襲的な映像ベースのシステムです。 RPM システムは、精度、速度、使いやすさに優れているほか、 息止め法と自由呼吸法の両方に対応しているため、患者に快適な治療を提供できます。

RPM システムを使用することで、患者の呼吸サイクルに合わせて腫瘍位置を補正できます。 システムはまず、赤外線カメラと反射マーカーを使用して患者の呼吸パターンと動きの範囲を測定し、それを波形として表示します。 次に、腫瘍が呼吸サイクルの最適な部分にくるタイミングに合わせて、ゲーティングのしきい値が決定します。 これにより、ゲーティング システムがしきい値に基づいて治療ビームのオン・オフを切り替えることが可能となります。

RPM システムを使用することで、肺、肝臓、膵臓の治療がしやすくなるほか、乳房の治療における心臓への線量を最小限に抑える手助けにもなります。 また、治療計画用に使用する画像を鮮明に取得できるため、呼吸の動きに関連する画像アーチファクトが減少し、標的をより明確に可視化できます。