強制対流式実験用培養器 FOC 120I
BOD卓上冷却

強制対流式実験用培養器
強制対流式実験用培養器
強制対流式実験用培養器
強制対流式実験用培養器
強制対流式実験用培養器
強制対流式実験用培養器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
強制対流式
応用
BOD
設置
卓上
その他の特徴
冷却
温度域

最少: 3 °C (37.4 °F)

最大: 50 °C (122 °F)

容積

120 l (31.7 gal)

詳細

FOC 120I 冷却インキュベーター 透明なドアと革新的なオートチューニングのおかげで一定の温度を保証する120lの冷蔵サーモスタット(クラスA+)が含まれています。 正確で直感的 デバイスに電源を供給するための内部ソケット 邪魔にならないサンプル観察のための内部透明ドア 2台のBODセンサーシステム6、または1台のBODセンサーシステム10に対応 総容量120リットル GLP(Good Laboratory Practice)に基づく常時モニタリング ワイヤレスDataBox™データキャプチャは環境の妨害を回避します。 低ランニングコスト 熱効力 内部温度を3桁表示 インキュベーション温度は3~50℃まで選択可能 TempSoft™ 時刻・温度専用ソフトウェア(+ランプ TempSoft™には高/低アラームしきい値が組み込まれています。 オートチューニング温調システム 強制換気による温度の均一化 A+クラスのエネルギー定格の冷却システム TEMPSoft™, ユニットの完全な制御のために TEMPSoft™は、PCから直接インキュベーターの内部温度を管理できる非常に直感的なソフトウェアです。 このようにして、以下の機能を備えたワイヤレスインターフェースを介して、インキュベーターを完全にコントロールすることが可能になります。 ワーキングランプ(異なる時間と温度)と希望の設定ポイントを設定し、最小および最大温度アラームのトレショルドの可能性があります。 内温モニター 専用のグラフを作成し、スプレッドシートに傾向を記録する GLP(Good Laboratory Practice)に準拠した試験データの保存 データはインキュベーターからワイヤレスモードを介してワイヤレスデータボックス™(受信機の一種である)に送信されます。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。