自動蒸留用システム UDK 169
ケルダール タイプ比色分析滴定装置付プロテイン分析用

自動蒸留用システム
自動蒸留用システム
自動蒸留用システム
自動蒸留用システム
自動蒸留用システム
自動蒸留用システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作
自動
特性
ケルダール タイプ, スチーム, プロテイン分析用, 比色分析滴定装置付, 自動サンプラー付

詳細

UDK 169 自動ケルダール分析装置(AutoKjel オートサンプラー付き オートサンプラー接続の全自動ケルダール分析装置(蒸留装置+一体型比色滴定装置)で、高いサンプルスループット、最大限の柔軟性、無人運転が可能です。 全自動分析 完全自動化されたケルダール蒸留・滴定システムは、優れた性能と最大限の安全性をユーザーに提供します。 また、蒸気出力を10%から100%に設定できるため、UDK 169の応用範囲を広げることができます。蒸留と滴定を自動的に行うことができます。 スチーム出力を10%から100%に設定できるため、特殊なパラメータを必要とするアプリケーションを含め、幅広い用途に対応します。UDK 169は、アンモニア性窒素、タンパク質窒素(ケルダール)、硝酸性窒素(還元/デバルダ後)、フェノール類、揮発性酸、シアン化物、アルコール含有量の信頼性の高い測定に最適です。 分析終了時には、蒸留や滴定のために、すべての残留物を自動的に吸引することができます。 Autokjelで最大の生産性を UDK 169は単独で、またはオートサンプラーAutoKjelと組み合わせて使用することができ、標準試験管(250ml)で最大24サンプル、ジャンボ試験管(400ml)で最大21サンプルを自律的に処理できる生産性の高いシステムです。 カルーセルから取り出された試験管は、UDK 169に直接供給され、さらなる処理と信頼性の高い結果を得ることができます。ユーザーは、係員を必要とせず、完全な安全性と非常に簡単な操作を行うことができます。

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。