研究室用消化タンク PMP-M series
ケルダール タイプ湿った

研究室用消化タンク
研究室用消化タンク
研究室用消化タンク
研究室用消化タンク
研究室用消化タンク
研究室用消化タンク
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用
その他の特徴
ケルダール タイプ, 湿った

詳細

PMP-Mダイジェスターは、半自動のAKV-10蒸留装置でケルダール法によるタンパク質や窒素の含有量を調べるためのサンプルの無機化(湿式酸化)用に設計されています。 ケルダールタンパク質分析の手順を決定する様々な製品には、いくつかの異なる規格があります。これらの規格によると、同じ機能を持つ装置に異なる名前が使用されることがあります。消化器は、硫酸に溶解した試料を触媒中で加熱して無機化するプロセスに使用される。特に、消化器の定義は以下の通りである。「450℃~500℃の温度維持を可能にする電気ヒーターまたはガスバーナー」「試験管またはケルダールフラスコ用のソケットを備えたアルミニウムブロック」。いずれにしても、この装置の機能は比較的単純で、ケルダールフラスコに製品サンプル、硫酸、触媒、沸騰時の飛散を防ぐための要素(例えばガラスボール)を入れて加熱するものです。もちろん、現在の実験機器開発の段階では、ケルダールフラスコを加熱するために標準的なストーブや、特にガスバーナーを使用することは絶対に許されない。なぜなら、この手順を行う実験助手は硫酸の危険なガスを吸い込むことを余儀なくされるからである。PMP-M型消化器は、フラスコの固定やガスの除去が確実に行え、さらに急速加熱や規格で定められた温度範囲の上限での作業が可能なため、無機化の時間を最小限に抑えることができます。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。