手術用シミュレーター VirtaMed LaparoS™
腹腔鏡検査用実習用ワークステーション

手術用シミュレーター
手術用シミュレーター
手術用シミュレーター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
手術用
医療処置
腹腔鏡検査用, 実習用
設定
ワークステーション
技術
コンピューター制御, リアルタイムフィードバック付, ヴァーチャルリアリティー
その他の特徴
タッチパネル付

詳細

General Surgery(外科総論)モジュールでは、極めてリアルな解剖学的環境で応用可能な技術を解説します。トレーニング受講者は、短いシーケンスとパフォーマンスに基づく熟達度評価を繰り返し活用して、トレーニング成績を向上させようと熱心に取り組みます。なお、内容はすべて査読済みの出版物に準拠しています。 トレーニングは、患者さんの位置決め方法やトロカールの適切な位置選択など重要な準備段階の学習から始まります。腹部周辺にトレーニング受講者を集め、リアルな解剖学的環境で、操作性の高い手術器具を用いた重要なスキルの練習を指導できます。 トレーニング受講者は、腹腔鏡外科医に求められる重要なスキルを学習します。例えば、器具のトライアンギュレーションおよび両手の協調操作、解剖学的構造の同定、さまざまな切開技術の実施、安全なクリッピングおよびカッティング、合併症の処置などが挙げられます。こうしたトレーニングのシナリオはすべて、胆嚢摘出術や虫垂切除術、瘢痕ヘルニア術に基づいています。 腹腔鏡を使用し、各器官の重力作用も含め、送気された女性の腹部全体を視覚化します。トロカールの安全な挿入、血管や器官の触診、構造の露出を電気外科手術器で行います。

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

VirtaMedの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。