婦人科手術用シミュレーター VirtaMed LaparoS™
腹腔鏡検査用移動式ワークステーション

婦人科手術用シミュレーター
婦人科手術用シミュレーター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
婦人科手術用
医療処置
腹腔鏡検査用
設定
移動式, ワークステーション
技術
コンピューター制御, ヴァーチャルリアリティー

詳細

婦人科腹腔鏡検査モジュールは、非常に現実的な解剖学的環境の中で転写可能なスキルを教えます。短いシーケンスの繰り返しとパフォーマンスベースの熟練度評価を使用して、研修生はより良いトレーニング結果を得るためにモチベーションを高めます。 トレーニングケースは、患者の位置の取り方やトロッカーの正しい位置の選び方など、重要な準備のステップを学ぶことから始まります。腹部を中心に研修生を配置し、現実的な解剖学的環境で完全に可動式の手術器具を使用して、重要なスキルを練習してもらいます。 研修生は腹腔鏡外科医になるために必要とされる重要なスキルを習得します。これらのすべては、子宮摘出術、子宮結紮術、子宮外妊娠の管理から派生したトレーニングシナリオ内のものです。 腹腔鏡を使用して、気腹した女性の腹部全体を可視化し、臓器の重力運動も含めて観察します。安全にトロッカーを導入し、血管や臓器を触診し、電気手術器具を使用して構造物を露出させます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

VirtaMedの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。