休息用心電計 CardioSoft
12チャンネルPC用USB

休息用心電計
休息用心電計
休息用心電計
休息用心電計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
休息用
チャネル数
12チャンネル
技術
PC用
コネクティビティー
USB

詳細

カーディオソフトは、CAM-USBハードウェア、PCベースの12誘導心電図システムで、メタボリックカートの完璧な延長として、完全な心肺運動負荷試験(CPET)のための臨床的卓越性を提供します。 カーディオソフトECGシステムは、ECGデータの正確な取得、評価、レポート作成のための包括的なシステムですが、驚くほど使いやすいのも特徴です。すべてがメイン検査画面に表示され、マウスをクリックするだけですぐにアクセスできます。 特長と利点 交換可能なリード線 最大12本のリード線を連続保存でき、不整脈を色分けして表示できるため、安全性が高い 12本のリード線すべてをモニターし、ベースラインからのSTセグメントの変化が最も大きいリード線を画面に直接表示するため、見やすい 患者情報を含む関連データをCardioSoftとVyntus™ CPX間で共有し、重複入力によるミスを低減します。 CardioSoftの3次スプラインと有限残差フィルタリングにより、ベースライン補正とアーチファクト除去を行い、ST測定が可能です。 包括的なインターフェースは、Vyaire™が販売する幅広いトレッドミルやサイクルエルゴメータを網羅しています。 カーディオソフトのユーザーは、ECGデータ出力をさらに強化する多数のオプションのソフトウェアパッケージの恩恵を受けることができます。 - ECGデータをMicrosoft Word™およびExcel™ファイルにエクスポートする機能は、多くの研究者がCardioSoftの外部でさらなるデータ分析を行うために使用しています。 - レポートをPDF形式でエクスポートできるため、CPETの一部としてECGレポートをSentrySuite 3.0ソフトウェアにインポートすることができます。

---

カタログ

Vyntus CPX
Vyntus CPX
16 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。