負圧創傷治療装置 Neptuno II

負圧創傷治療装置
負圧創傷治療装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

治療のタイプ
負圧

詳細

(1) 生体適合性網状発泡体 熱硬化性でより安定した構造。 均一な細孔径の発泡体。 極性の低い分子で、極性のある菌の拡散を防ぐ。 (2)より効果的な吸着ディスク 流体力学に基づいた構造設計により、ブロッキングリスクを低減。 負圧をすべての空洞に均等に分散させることで、リアルタイムでのモニタリングが可能。 (3) 生体適合性ポリマー半透膜 細菌からの隔離性が高い。 低アレルギー性、非刺激性 透湿性が高く、快適性に優れています。 ステップ1 傷口をふさぎ、拭く Step 2 スポンジドレッシングを傷口の周りの皮膚に合わせて適当な大きさにカットし、傷口を完全に覆う(スポンジは継ぎ足すことができる)。 ステップ3 フィルム ステップ4 フィルムを持ち上げ、穴を開ける Step 5 吸盤を置いて密封する Step 6 負圧を接続し、適切な負圧の値に調整します。

---

カタログ

Neptuno II
Neptuno II
8 ページ

Waston medicalのその他の関連商品

Negative pressure wound therapy

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。