1. 整形外科関連
  2. 外傷学
  3. 脛骨圧迫プレート
  4. Wuhan Yijiabao Biological Materials

脛骨圧迫プレート TCP-4
末端内側ロッキング

脛骨圧迫プレート
脛骨圧迫プレート
脛骨圧迫プレート
脛骨圧迫プレート
脛骨圧迫プレート
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
脛骨
骨の部位
末端, 内側
固定
ロッキング
長さ

108.5 mm, 134.5 mm, 160.5 mm, 186.5 mm, 212.5 mm (4.3 in)

穴の数

4 unit, 6 unit, 8 unit, 10 unit, 12 unit

詳細

脛骨 遠心部 内側 LCP 製品の特徴 原子レベルで設計された鋼板と低ノッチのビードデザイン。 鋼板ヘッドのノッチを低く設計することで、内側マジョールの鋼板の突出を最小限に抑え、軟部組織への刺激を軽減しています。また、丸みを帯びた鈍いエッジデザインにより、軟部組織への刺激を最小限に抑えることができます。 複数の固定方法を選択できます。 Tlxee divergent locking saewは、軟骨下の骨を介して関節面をサポートするために、プレートのヘッドのディスタンスエンドにインプラントすることができる。プレート頭部のLCPボンディング1м>1еのノンロッキング部分は、ソーイングが出ないように通常のスクリューで留めることができ、骨折部の良好な圧迫効果を得ることができる。 ♦低侵襲技術を支える。 鋼板の経皮的筋層移植に使用することができる。 適応症 関節内および関節外の骨折

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。