光干渉断層計 IOLMaster 700
光学式生体計測装置卓上

光干渉断層計
光干渉断層計
光干渉断層計
光干渉断層計
光干渉断層計
光干渉断層計
光干渉断層計
光干渉断層計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
光干渉断層計, 光学式生体計測装置
エルゴノミクス
卓上

詳細

Total Keratometry IOLマスター700は、スウェプトソースOCTテクノロジーで角膜後面の屈折力を直接測定し、この測定値を代表的なIOL度数計算式に適用できます。 現在のIOL度数計算における標準的なケラトメトリーは、角膜前面のみを測定し、モデルアイから導き出された推測値やノモグラムを用いて角膜全屈折力を算出します。しかしながら、この方法では角膜異常眼や、外れ値には対応できず、予期せぬ術後屈折誤差が生じることがあります。 IOLマスター700は、スウェプトソースOCTテクノロジーで角膜後面の屈折力を直接測定します。IOLマスター独自のテレセントリックケラトメトリーによる角膜前面の測定値とOCTによる角膜後面の測定値とのコンビネーションで、Total Keratometry(TK)を算出します。 New: First insight into early clinical data Han Bor FamはTotal Keratometryを使用した各種IOL度数計算の臨床データを呈示しています。 New: TK more accurate for IOL calculation? Sabong Srivannaboonは臨床データから、TKがIOL度数計算の精度向上に寄与するかどうかを探ります。 Measuring the cornea: Why we need to do better なぜ角膜後面を直接測定することがIOL度数計算に必要なのかをDr. Kochが解説します。 特殊眼球状を検出 ZEISSのSWEPT Source Biometry IOLマスター 700は全眼球のOCT画像の取得を可能にしたことで、光学式バイオメトリーとしては始めて、水晶体の傾斜や偏心のある特殊形状眼の検出ができるようになりました。このような症例を検出せずにいると、術後屈折の不満症例等の重要な問題につながります。 Fixation check 固視不良の検出 IOLマスター700特有のFixation Check機能はより確実な生体計測を可能にします。 画像上で中心窩の陥凹は確認できますか? もし確認できれば、固視不良に起因する誤測定により術後屈折誤差を引き起こすリスクを軽減できます。もし確認ができなければ、患者に固視を促し、再検をしてください。 Visually verify your measurement 測定状態を視覚化 ZEISS IOLマスター700では全眼球OCT画像上に全ての測定項目のキャリパーを表示します。光学式バイオメトリーとしては初めて測定時の眼の状態を可視化し、何を測定しているのか、測定できているのかを確認できます。たった1本のA-Scan波形の解釈や、どのピークが正しいピークかなど考える必要はもうありません。これにより潜在的なエラーを排除することができます。

ビデオ

カタログ

ZEISS Medical Technologyのその他の関連商品

Optical Biometers

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。