ガイド手術用ドリル Navigator®
テーパー

ガイド手術用ドリル
ガイド手術用ドリル
ガイド手術用ドリル
ガイド手術用ドリル
ガイド手術用ドリル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
ガイド手術用
形状
テーパー

詳細

ACT® 非灌漑再利用可能なツイストドリル 高度な切断技術®(ACT)ドリル • 効率的な切断のための2つのフルート設計 • 交互のラインとバンド は、骨切り術における深さマークの視認性とドリルの向きを向上させます • グレアを低減するマット仕上げねじれに推奨されるドリル速度ドリル3.85ミリメートルの直径以下は1200である-1500回転数。 直径4.25mm以上のツイストドリルの推奨ドリル速度は900rpmです。 ドリルの@@ 成形に推奨されるドリル速度は1200〜1500rpmです。 成形ドリルは、ポンピング動作なしで使用する必要があります。 推奨されるインプラントの配置速度は15〜20rpmです。 ハンドラチェットでインプラントの配置を開始しないでください。ハンドトーキングを行うと、インプラントの角度がずれて配置される可能性があります。 インプラントトラックを確実にするためにインプラントの配置を開始するには、ドリルモータハンドピースを使用します/掘削と同じ方向に骨切開に入ります. ドリルの偶発的な嚥下や吸引を防ぐために、ドリルがドリルモータハンドピースのロック機構内に係合/保持されていることを確認します。 挿入トルクが50 Ncmを超える場合、インプラントを完全に装着するにはハンドラチェットが必要です。 再利用可能なドリルは、15回の使用後に交換することをお勧めします。 肋骨の保全を最大化するために、手動のプラットフォーム切り替えを使用することを推奨します。 高密度ボーン(タイプ1)では、高密度のボーンタップでタップする必要があります。 重要な注意: 挿入トルクが90Ncmを超えると、インプラント配置マウントまたはインプラントの外部六角形が変形または剥がれ、外科的処置が遅れる可能性があります。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。