固定ベアリング人工膝関節 NexGen®
セメント固定

固定ベアリング人工膝関節
固定ベアリング人工膝関節
固定ベアリング人工膝関節
固定ベアリング人工膝関節
固定ベアリング人工膝関節
固定ベアリング人工膝関節
固定ベアリング人工膝関節
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

脛骨ベアリング
固定ベアリング
固定
セメント固定

詳細

製品の説明 NexGen Complete Knee Solution Legacy Knee Posterior Stabilized (LPS) LPS-Flex Fixed Bearing Kneeは、高屈曲の日常生活動作の再開に対応するように設計されています。患者の選択、手術手技、インプラントサイズ、リハビリテーションに注意を払うことで、成功の可能性を高めることができます。NexGen Complete Knee Solution LPS-Flex Fixed Bearing Kneeは、オーグメン トやステムエクステンションを使用することができます。 日常生活の多くの活動では、120度を超える屈曲が必要です。階段の上り下り(75°~140°)、椅子に座って立ち上がる(90°~130°)、しゃがむ(130°~150°)などを検討してみましょう。 大腿骨コンポーネントの拡張後コンディルが脛骨と大腿骨の接触を促進し、最大155度までの安全な高屈曲をサポートします。LPS-Flex固定式大腿骨コンポーネントは、その咬合面に適合した形状をしているため、高屈曲時の接触面積の損失を最小限に抑えることができます。 脛骨の咬合面にある深い膝蓋骨前方の切り込みは、膝蓋骨の緊張を軽減し、伸筋機構のクリアランスを大きくします。 後方安定化カム/背骨機構を改良することで、高屈曲角での亜脱臼抵抗を向上させています。 固定ベアリングの咬合面は、現行のNexGen脛骨ベースプレート(ステムエクステンションと脛骨オーグメンツが利用可能)と嵌合し、同じポリエチレン製のアリ溝ロック機構を使用します。脛骨コンポーネントの移植には、既存のNexGen装置を使用します。 効能、禁忌、警告、注意事項、副作用については、パッケージの添付文書を参照してください。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。