セメントレスカップ Continuum®

セメントレスカップ
セメントレスカップ
セメントレスカップ
セメントレスカップ
セメントレスカップ
セメントレスカップ
セメントレスカップ
セメントレスカップ
セメントレスカップ
セメントレスカップ
セメントレスカップ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

固定タイプ
セメントレス

詳細

Continuum Acetabular System Continuum Acetabular System Continuum(コンティニューム)アセタブラーシステムは、生物学的固定性1, 2 が実証されているTrabecular Metal 技術と、ジンマー バイオメットが誇るVitamin-E含有ハイリークロスリンクポリエチレン技術を組み合わせたカップシステムです。シェルは半球形状であるため、寛骨臼への設置が容易で、新開発のライナーロッキングメカニズムはスムーズなライナー装着を可能にしています。3種類のスクリューホールオプションや、多様なライナーオプションにより、症例にあった機種選択が可能です。 優れたスクラッチフィットによる初期固定性3と、高い気孔率による強固なイングロースがもたらす長期的な生物学的固定性4,5を実現するタンタル製Trabecular Metalポーラス Vivacit E、Vitamin-E含有ハイリークロスリンクポリエチレン/Longevityハイリークロスリンクポリエチレン/Delta Ceramicの3種類のライナーオプションから選択が可能 シェル外径40mmから2mmピッチのサイズレンジ ユニホール、クラスターホール、マルチホールの3種類のスクリューホールデザイン 『AL-Supine THA(関節包靭帯温存)』手術手技動画 (ナレーション付き)※サンプル版 弘前記念病院 整形外科診療部長 赤石 孝一 先生 使用機種: Continuum cup, Taperloc Complete Microplasty アプローチ:AL-Supine Approach 関節包靭帯温存手技 THAの手術手技として、筋腱温存だけでなく関節包靭帯を温存する報告が増えつつあります。今回、弘前記念病院 赤石先生のご協力により、関節包靭帯を温存したAL-Supine THA手術手技動画を撮影させていただきました。

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。