水の分析用分光器

7 社 | 7
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
FT-IR分光器
FT-IR分光器
CONFOCHECK series

CONFOCHECK は、水中のタンパク質の分析に最適化された FT-IR システムです。タンパク質分析に特化した装置構成とユーザーフレンドリーなソフトウェアインターフェイスにより、短時間で高精度なデータ収集が可能です。 CONFOCHECK とタンパク質について CONFOCHECK の主な用途は、タンパク質のコンフォメーション変化の検出と定量、ならびにタンパク質濃度の決定です。タンパク質の濃度分析ならびに二次構造 (アルファヘリックス、ベータシート) ...

ゼーマン効果分光器
ゼーマン効果分光器
MGA-1000

波長: 190 nm - 900 nm

... MGA-1000 シリーズの黒鉛炉原子吸光分析装置は、直感的な技術と優れた操作性を兼ね備えています。 独自の高周波ゼーマンバックグラウンド補正システムは、急激に変化するスペクトル干渉を効果的に補正し、複雑なサンプルのルーチン分析を新たなレベルに引き上げます。 キーテクノロジー Zeeman High Frequency Polarization Modulation (ZHFPM) バックグラウンド補正を用いた全吸収とバックグラウンドの同時測定 無電極放電ランプ(EDL)は、水素化物生成技術を使用せずに、低検出限界とサブppbレベルのAsおよびSeを直接測定することができます。 安定化温度プラットフォーム炉(STPF)の概念を導入 準ダブルビーム光学系はドリフトを排除し、ウォームアップ不要のダイレクトワークを可能にします。 気相動的希釈システムは用途が広がり、主要成分だけでなく微量元素の分析も可能です。 スターターパックのコンパクトで効果的な冷却システム 冷たい蒸気/水素化物生成装置が利用できます。 産業界 MGA-1000スペクトロメータは、様々な分野で信頼性の高い正確な微量元素分析と主要なカチオンの定量を行うための優れたソリューションです。 環境モニタリング 水処理 食品・飲料 農業 薬剤・生命科学 医学・生化学 法医学と臨床研究 石油化学と製油所 工程管理と材料分析 科学と研究 黒鉛炉原子吸光分析装置(GFAAS)は、高選択性と高感度、低ランニングコストの最適な組み合わせを提供します。 ...

XRF分光器
XRF分光器
2830 ZT

2830 ZT 先進の半導体薄膜測定ソリューション 2830 ZT波長分散型蛍光X線(WDXRF)ウェハーアナライザは、膜厚・組成を測定するための究極の機能を提供します。 2830 ZTウェーハアナライザは半導体およびデータストレージ業界向けに開発されており、最大300 mmの各種ウェーハの層の組成、厚さ、ドーパントレベル、表面の均一性を測定できます

ICP-MS分光器
ICP-MS分光器
EXPEC 7000

... 製品概要 誘導結合プラズマ質量分析法(ICP-MS)は、元素分析に用いられる分析手法の一つです。高温のICP (Inductively Coupled Plasma) ソースと質量分析計を組み合わせて使用します。ICP光源では、試料中の元素の原子がイオンに変換されます。これらのイオンは、質量分析計によって分離・検出されます。 製品の特徴 検出限界はpptレベル、ダイナミックリニアレンジは極めて広く、ほとんどの元素で109以上の検出が可能 ICPソースの高温により、複雑なマトリックスにも対応可能 2% ...

ICP-OES分光器
ICP-OES分光器
ICPS-7510

波長: 160 nm - 850 nm

... ICPと呼ばれることが多い誘導結合プラズマは、発光分光器の一部として機能することが知られています。 これらは従来の励起源と比較して非常に有益です。 最新のICPは、最良の方法で紹介されていることが知られています。 これらにはマトリックス効果はなく、高い安定性と再現性があることが知られています。 この装置によって提供される利点を考慮すると、広く使用されていることが知られている。 これは、品質管理、環境水質モニタリングのためのウルトラトラトラレース元素決定、組成決定の一部としての主要な元素決定の目的など、様々な分野で大きく活用されています。 ...

ICP-OES分光器
ICP-OES分光器
Ultima Expert

波長: 120 nm - 320 nm

概要 ICP発光分析装置 Ultima Expertシリーズは高分解能分光器を内蔵し、ファーネス原子吸光の感度にも劣らない程の高感度で測定できます。また、測光方式は試料中のマトリックスに干渉されにくいラテラルで観測しているので、高塩濃度試料に最適です。 最高の技術を誇るUltima Expertシリーズの分解能は0.005nmです。プラズマ中のスペクトル線の自然幅は波長や元素の種類にもよりますが0.003nm程度であるため、分離できるぎりぎりまで分離していることになります。このような分光器を使うことで、スペクトル干渉を受けにくく感度の増加を実現しました。 特長 安全機構を備えたスマートフード 実質分解能:0.005nm 測定波長範囲:160〜800nm オプションで120nmから測定できますのでCl、Brの分析も可能です。 ラテラル観測で最高の検出限界が得られます。 スペクトル干渉の少ない高分散分光器です。 HDD ...

紫外可視分光器
紫外可視分光器
PD-3000UV

波長: 190 nm - 1,000 nm

高精度 高性能回折格子使用による高精度の測定を実現しました。 周辺機器との接続が可能 パソコンとプリンターに接続が可能です。 パソコンでのスキャニング機能搭載 パソコンでのスキャニングが可能です。 優れた測定能力 高い測定能力を低価格にて実現しました。