中期吸収性縫合糸 Monosyn®
傷口手術用泌尿婦人科手術用消化器外科手術用

中期吸収性縫合糸
中期吸収性縫合糸
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

吸収
中期吸収性
用途
傷口手術用, 泌尿婦人科手術用, 消化器外科手術用

詳細

Monosyn® 無菌合成吸収性モノフィラメント外科用縫合モノシン® は、72%グリコールド、14%ε-カプロラクトン、14%トリメチレン炭酸塩の共重合体から製造された滅菌合成吸収性モノフィラメント外科縫合である。 Monosyn® は、染料D&CバイオレットNo 2(カラーインデックス番号60725)でバイオレットを染めていますが、未染色(ベージュ)もあります。 Monosyn® は、縫合糸直径のわずかな変化を除いて、無菌で合成吸収性モノフィラメント縫合のための欧州薬局方および米国薬局方のすべての要件を満たしています。 適応 Monosyn® は、皮膚閉鎖を含む一般的な手術、婦人科学、口腔手術における一般的な軟部組織近似および/または結紮に使用することが示され、外科的練習では吸収性縫合材料の使用が必要であるが、心血管組織、眼科組織または神経組織での使用には適していないで指定します。 典型的な用途は次のとおりです。 -皮下および皮内縫合糸である。 -一般的な手術におけるメッシュ固定。 -胃腸吻合症。 -卵巣、子宮または膣粘膜閉鎖。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Aesculap®の全カタログを見る

Aesculap®のその他の関連商品

Wound Closure

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。