熱希釈法カテーテル Corodyn
血圧監視用心臓

熱希釈法カテーテル
熱希釈法カテーテル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
熱希釈法, 血圧監視用
体の部位
心臓

詳細

右心カテーテル 血行圧測定用コロディン右心カテーテル 血行力学的圧力測定用及び心拍出量測定用右心カテーテルです。 製品ライン CORODYN - Corodyn P1 (バルーン・フラッド・カテーテル、ディスタル・ルーメン) - Corodyn P2 (2つのルーメンを持つバルーンフロートカテーテル。圧力測定や輸液・投薬を同時に行うことが可能) - Corodyn TD (圧力測定用ルーメン、コールドボーラスデリバリー用ルーメン、サーミスタ、バルーンルーメンを備えた4ルーメンの熱希釈用カテーテル) - Corodyn TDI (圧力測定または注入・投薬を同時に行うためのルーメンを追加した5ルーメンの熱希釈用カテーテル) - Corodyn touch free (タッチフリー保護フィルム付きチューブがあらかじめ組み込まれたカテーテル) コロディンPおよびTDの特徴 - カテーテル長さ110cm - カテーテル先端から100 mmごとにマーキングを施し、カテーテルの正確な位置決めを実現 - PUR素材を使用 - 各種サイズ(5F~7.5F)をご用意 Corodyn TD および TDI の特徴 - 心拍出量測定用熱希釈カテーテル - カテーテル先端から3.5cmの位置にサーミスタを配置 - 標準的なコンピューターや患者モニターに接続できる3ピンの専用プラグ

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Aesculap®の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。