肛門科検査用アームチェア AGA-RE-PRO
電空高さ調整可能調節可能背もたれ

肛門科検査用アームチェア
肛門科検査用アームチェア
肛門科検査用アームチェア
肛門科検査用アームチェア
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

応用
肛門科
作動
電空
機能
高さ調整可能, 調節可能背もたれ, 傾斜
ボトム
2段階

詳細

肛門科の検査は、リソトミーポジションだけでなく、膝肘ポジションでも行うことができます。AGA-RE-PRO-LIFT (RPL-1060/EE)とAGA-RE-PRO (RP-1058/E)は、膝肘位での検査に対応しています。 AGA-RE-PRO - 直腸鏡検査用ボルスター付き検査チェア AGA-RE-PRO(条文番号RP-1058/E)には高さ調節機能はありません。しかし、膝支持板と高さ調節可能な直腸鏡ボルスタとの距離が可変であるため、直腸鏡ボルスタの位置を患者ごとに適合させることができる。その結果、患者にとってはより安全な診察姿勢となり、医師にとっては最適な作業高さとなる。 シート部の電動チルトで作業高さを865mmから1175mm(シート前端で測定)まで調整可能で、メンテナンスフリーでこぼれにくく非常に静かな電動モーターを採用しており、フットスイッチでエアパルス制御されています。駆動仕様。230V、50/60Hz、3,7A、850W、IPX4、v=14mm/s、7000N。 患者が膝板上での位置決めを容易にするために、AGA-RE-PROには折りたたみ式のステップスツール(寸法490×320×250mm、幅×奥行き×高さ)が装備されています。 ステップスツールと膝サポートプレート(最も低い位置)の間の距離は400mmです。 AGA-RE-PROには、定価で以下のものが含まれています。 シート部の外側に一対の標準レールが付いています。 コルポスコープホルダー用の2つのスロット(左右) コラムの奥にあるアース付きのACコンセント。 ホルダー付きのステンレスパン(300×200×65mm)です。 背もたれにはペーパーロールホルダーが付いています。 フットスイッチ 併せて 折りたたみ式のステップスツール(490×320×250mm、幅×奥行き×高さ)。 膝のサポートプレートです。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。