染色液試薬 05-M12005
組織学用

染色液試薬
染色液試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
染色液
用途
組織学用

詳細

期待される目的 光学顕微鏡用の細胞組織学的試料の調製のための製品。 用途 血液や骨髄の様々な種類の細胞の染色にメイ・グリュンワルドと一緒に使用する試薬 を塗抹します。この染色はまた、組織学におけるヘリコバクター・ピロリを強調するために使用されます。 染色法の実行のためにメイGrünwald溶液を使用する必要があります。 原理 2つの色素が次々と使用されます。 - エオシン-メチレンブルーで構成されるメイ・グリュンバルト溶液は、核を青く、好塩基球の細胞質を染色します。 ピンクがかった赤 - ジエムサ溶液、塩化メチレンブルー、エオシン-メチレンブルー及びアズールIIからなる複合体 エオシネートは、核染色の強度を向上させ、選択的に細胞を表示する能力を向上させます。 構造。 結果を評価するには、常に2つの要因を覚えておいてください:洗浄水と希釈バッファーのpHは、次のようになります。 最終的なカラーチャートに強い影響を与えます。 方法1) エアドライ塗抹 2) メイ・グリュエンワルド溶液 5分 3) 水道水で洗う 1分 4)ギエムサワーキングソリューション※15分 5) 水道水で1~2分洗う

---

カタログ

General Catalogue
General Catalogue
164 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。