紫外可視分光光度計 Biowave 3
マイクロ ボリュームライフサイエンス用核酸定量化用

紫外可視分光光度計
紫外可視分光光度計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
マイクロ ボリューム
用途
ライフサイエンス用, 核酸定量化用
その他の特徴
ワイヤレス, USBポート付き, キセノン
波長

最大: 1,100 nm

最少: 190 nm

詳細

特徴 スプリットビーム(RBC)紫外/可視分光光度計 190-1100nm (3nm/5nm帯域幅) DNA、RNA、オリゴ、タンパク質、細胞密度のための事前にプログラムされたメソッド 純度チェックのための核酸スキャン マイクロボリュームキュベットによる低容量能力 長いランプ寿命と低ランニングコストのためのキセノンソースを使用した新しい光学系 軽量で積み重ねて収納可能 説明 Biowave 3は、堅牢なデザインとリーズナブルな価格で、研究グレードのライフサイエンス分光光度計のすべての利点と機能を提供し、学生にも最適です。Biowave 3+は、より高解像度の3nmバンド幅バージョンです。この装置には2年間の保証があり、キセノンランプには3年間の保証があります。 ライフサイエンスの手法を組み込んだ 核酸定量(DNA、RNA、オリゴヌクレオチド)、タンパク質アッセイ(BCA、Biuret、Bradford、Lowry)、細胞培養密度(OD600)測定のための事前にプログラムされた方法論。核酸スキャンの可視化は、230nm領域に不純物が存在する可能性がありながら、A260/A280比に悪影響を及ぼさないRNAサンプルの場合に特に有用です。このシステムは、低容量UVキュベットと互換性があります。 キネティクスモードでは、時間に対する吸光度の基本的なプロットは、A/minの結果で補完することができ、さらに、アッセイの継続時間に対して相関係数も計算されます。 柔軟なデータエクスポートオプション 結果は、USBフラッシュドライブにダウンロードしたり、オプションの内蔵グラフィックプリンターに印刷して永久保存することができます。また、Print Via Computer (PVC) ソフトウェアまたはワイヤレス Bluetooth® アクセサリ(オプション)を実行している適切な PC へのケーブル接続を介して、結果をエクスポートすることもできます。

---

カタログ

Biowave 3+
Biowave 3+
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。