動物研究用無痛覚計 BIO-CHP
齧歯類用

動物研究用無痛覚計
動物研究用無痛覚計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
動物研究用
動物のタイプ
齧歯類用

詳細

Cold Hot Plateは、動物が熱や冷たさにさらされたときの痛みに対する熱感受性を調べるための革新的な装置で、鎮痛や侵害受容の研究に新たな分野をもたらし、ラットやマウスモデルを用いた鎮痛薬のスクリーニングにも有効です。 プレゼンテーション バイオセブ社のコールド&ホットプレートテストは、動物が熱や寒さにさらされることで生じる痛みに対する感受性を調べることができ、鎮痛研究に新たな分野をもたらす画期的な装置です。 この革新的なAnalgesia Meterは、55℃に加熱し、-2℃に冷却することができる金属プレートをベースにしています(周囲の温度は20℃~25℃)。電子サーモスタットがプレートの温度を維持し、フロントパネルのデジタル温度計が現在のプレートの温度を表示します。 Bioseb社のコールド&ホットプレートは、使い方が非常に簡単で、設定した温度に到達するまでの時間が非常に短くなるように設計されています(例えば、最も使用される閾値である周囲温度から4℃までは10分以内、4℃から55℃までは5分しかかかりません)。計量学的には、0.5℃以下の精度(EEC計量学標準)で、アニマルホルダーシステム内で完全に一定です。400gのラットをプレートに載せても、プリセットの温度は0.1℃以上変化せず、セットした温度にはほとんどすぐに戻ります。 動作原理 動物(マウスまたはラット)をプレートの表面に置き,内蔵されたタイマーをスタートさせることで,熱さや冷たさにさらされたときの動物の痛みの感度を調べる。動物が不快感を感じてプレートから前足を離した瞬間に、操作者がタイマーを停止させる。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Biosebの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。