脳卒中診断用ソフト e-Stroke
医療用CT可視化

脳卒中診断用ソフト
脳卒中診断用ソフト
脳卒中診断用ソフト
脳卒中診断用ソフト
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
医療用, CT
機能
イメージ分析, 可視化, 脳卒中診断用, データ収集, 処理, 評価, 解析, 検証用, AIアシスト
体の部位
脳の
タイプ
リアルタイム
認証
CE

詳細

Brainomix 360 Strokeプラットフォームは、CEマークを取得し、FDAの認可を受けたツールのコレクションであり、当社の最先端のAIアルゴリズムを使用して、脳卒中患者の治療や転院の決定を導くために脳スキャンをリアルタイムで解釈して医師をサポートし、より多くの患者が適切な治療を適切な場所で適切な時間に受けられるようにします。 当社独自のソフトウェアは、シンプルな脳スキャンから重要な情報を独自に生成することができ、シンプルな画像診断の価値を高めることで、救命のための脳卒中治療への患者のアクセスを拡大するのに役立ちます。 救命治療へのアクセス拡大 2024年5月に開催された欧州脳卒中学会(ESOC)において、脳卒中AI画像診断の最大規模の前向き評価が発表されました。 その結果、Brainomix 360 Strokeは、機械的血栓除去術を受ける患者数をさらに50%増加させるとともに、ドア・イン・ドア・アウト(DIDO)時間を約50分短縮することが示された。 脳卒中患者の転帰の改善 2024年2月にFrontiers in Neurology誌に発表された研究では、Brainomix 360 Strokeの導入により、ある一次脳卒中センターでは、機能的自立(90日後のmRS 0-2)を達成した脳卒中患者の数が16%から48%へと3倍に増加したことが示されている。また、DIDO(door-in-door-out)時間も61分短縮された。 脳卒中ネットワークの変革 脳卒中パスウェイ全体にわたるソリューション e-ASPECTSは、大血管閉塞(LVO)と高密度体積(出血を示す可能性がある)の両方を検出・測定し、ASPECTSスコアを自動的に評価することができます。

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。