歯科用CTスキャナー i-CAT™ FLX V8
デジタル8x8cm16x10cm

歯科用CTスキャナー
歯科用CTスキャナー
歯科用CTスキャナー
歯科用CTスキャナー
歯科用CTスキャナー
歯科用CTスキャナー
歯科用CTスキャナー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

種類
歯科用CTスキャナー
技術
デジタル
有効視野(cm)
8x8cm, 16x10cm, 16x13 cm, 8x8 cm, 5x8cm
ボクセルサイズ(μm3)

125 µm, 200 µm, 250 µm, 300 µm, 400 µm

詳細

i-CAT FLX Vシリーズには3つの最大視野(FOV)があります:V8、V10、V17です。V8、V10、V17の3つの最大視野(FOV)があり、これらのサイズ内であれば、スキャン高さをスケーリングまたはコリメートするオプションがあり、患者の緊急の必要性に応じて関心領域のみを撮影することができます。また、低線量撮影オプションの強化、従来の2Dパノラマ専用機能、豊富な機能を備えた治療計画ソフトウェアも提供します。 3機種ともクラスをリードする性能を備えているため、選ぶのが難しいほどです。 i-CAT FLX V8 - 8 cm x 5 cmから8 cm x 8 cmのFOVを持つこのシステムは、サーベイ、インプラント、口腔外科、歯内療法などの治療領域を選択して撮影したい歯科医に適しています。 i-CAT FLX V10 - V10は、最大16 cm D x 10 cm Hの拡張可能なFOVを提供し、より大きな症例や気道または顎関節分析に拡大する場合に役立ちます。 i-CAT FLX V17 - 最大23 cm D x 17 cm HのFOVを持つV17は、矯正歯科、口腔顎顔面、顎関節症例で最も多く使用されています。 矯正歯科、口腔顎顔面外科医、口腔放射線科医に多く使用されています。 概要 幅広い臨床アプリケーションに対応できるように設計されたV17は、Vシリーズのオプションの中で最も柔軟性があります。V17は矯正歯科医、顎顔面外科医、口腔放射線科医に最も多く使用されていますが、このシステムは口腔顔面全体の観察を希望するすべての歯科医に適しています。 アプリケーション i-CAT FLX V17のアプリケーションは、歯科矯正、顎矯正、気道分析、口腔外科など、あらゆる3Dニーズに対応する柔軟性と画像サイズを備えています。 Tx STUDIOとの互換性 アナトメージュが提供するTx STUDIOは、i-CATのワークフローに不可欠であり、複数のソフトウェアシステムを1つに統合した使いやすいソリューションです。

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

DEXISの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。