2チャネル筋電計 Surpass LT
4チャネル携帯型ポケットサイズ

2チャネル筋電計
2チャネル筋電計
2チャネル筋電計
2チャネル筋電計
2チャネル筋電計
2チャネル筋電計
2チャネル筋電計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

チャンネル数
2チャネル, 4チャネル
その他の特徴
携帯型, プラットフォーム型, コンパクト, ポケットサイズ, デジタル, 誘発電位モニタリング付き

詳細

サーパスLT EMG/EP 特徴 2または4チャンネルのEMG/EP/IOMおよびEEGアンプ アンプ内にAEP/VEP/LED/SEP刺激装置を内蔵 データおよび電源用のUSB 2インターフェース 内蔵アンプ切り替えオプション 外部機器用のトリガー入力/出力 タッチパネルによる操作 最大99個のトレースをカスケードまたはスプリット形式で表示可能 豊富な機能レポートテンプレート 最大10分間の内蔵シグナルレコーダー サイレント刺激の設定 ソフトウェア・アプリケーション NCS 運動神経伝導 感覚神経伝導 F波 H-Reflex デクリメントテスト まばたき反射 インチング 交感神経系皮膚反応 反復刺激 ムネ 筋電図 自発的なEMG 定量的筋電図 AMUP解析 干渉パターン解析 シングルファイバー筋電図 GPPプログラムにおけるマルチチャンネル筋電図 MUNE フリーラン筋電図 ターンズ/振幅EMG マクロ筋電図 EP 聴力誘発電位 BAER 40Hz 蝸牛電図 網膜電図 眼振計(Electronystagmography 体性感覚誘発電位(Somatosensory Evoked Potentials) 視覚誘発電位(Visual Evoked Potentials) その他のソフトウェア・アプリケーション 心拍変動 IOM 規範となる基準値 振戦分析 GPPプログラム MS Wordレポートジェネレータ 概要 Surpass LTは、包括的で使いやすい2~4チャンネルの臨床用EMG/EP/EEGワークステーションです。すべてのスティミュレーターはアンプに内蔵されています。モジュール式の設計思想により、柔軟性とアップグレードの機会を確保し、ソフトウェアとハードウェアのオプションを完備しています。電源とデータはシンプルなUSB接続なので、ポータブルな神経生理学ワークステーションとしても最適です。また、独自のQuality Sorted Averaging方式により、テストの高速化と収録時間の短縮を実現しています。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。