試験管/チューブ用キャッパー研究室用オートマトン LabElite I.D.
試験管/チューブ用デキャッパー

試験管/チューブ用キャッパー研究室用オートマトン
試験管/チューブ用キャッパー研究室用オートマトン
試験管/チューブ用キャッパー研究室用オートマトン
試験管/チューブ用キャッパー研究室用オートマトン
試験管/チューブ用キャッパー研究室用オートマトン
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
試験管/チューブ用キャッパー, 試験管/チューブ用デキャッパー

詳細

自動スクリューキャップデッパと2Dバーコードチューブリーダ オールインワンのIDキャッパーにより、ラボでは、ハードウェアを追加することなく、デキャップ/キャッピングと高速バーコード読み取りを1つのデバイス内で組み合わせることができます。 このデバイスは、サンプルの汚染を排除し、エンドツーエンドの自動液体処理処理中にサンプル追跡を支援するように特別に設計されています。 24、48、96 形式のチューブラックで、デキャップヘッドをデキャップチューブに簡単に交換できます。 I.D. Capper の特徴 デキャップヘッドを 24、48、96 形式のチューブラックのデ キャップチューブに簡単に交換できます。必要なのはチューブのみです。すべての行、選択された行または列、または部分的なラック 1つのデバイス 内で縦長または横長形式のプロセスチューブを1つのデバイス内で 操作できます。スタンドアロンデバイス、またはMicrolab VANTAGE液体ハンドリングシステムまたはサードパーティ製ロボットアームと統合 セキュアモード内蔵、クロスレッディングを排除するキャップ中に最適なシールを確実にします。 オプションのローループモードを使用してチューブを開ける時間を最小限に抑えます。キャップを保持することで、一度に1列のみ処理されます。デキャップしてすぐにリキャップした後、 1Dおよび2Dスキャンのシングルボタン実行、およびLIMSへのバーコード情報の自動アップロード 新機能:6チャンネルヘッド 48および96フォーマットのチューブに加えて、24フォーマットのチューブを使用可能 内部または外部に多種多様なチューブをデキャップバイアル は、研究室が特定のニーズに最も適したチューブのボリュームとタイプで作業することを可能にします 仕様 寸法(長さ x 幅 x 高さ) 600 mm x 380 mm x 440 mm (23.6 インチ x 15.0 インチ x 17.3 インチ) 対応ラボマイクロチューブ: 0.25 mL—1.4 mL FluidX、グライナー、LVL,マトリックス、ミクロニック、ヌンク、ナルゲン*

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

Hamilton Storage Technologiesの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。