試験管/チューブ用デキャッパー研究室用オートマトン LabElite SL

試験管/チューブ用デキャッパー研究室用オートマトン
試験管/チューブ用デキャッパー研究室用オートマトン
試験管/チューブ用デキャッパー研究室用オートマトン
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

応用
試験管/チューブ用デキャッパー

詳細

自動スクリューキャップデッパー DeCapper SLは、内径または外径のねじによるチューブの自動デキャップ/キャップを提供する最新の使いやすいデバイスです。 24、48、96 形式のチューブラックで、デキャップヘッドをデキャップチューブに簡単に交換できます。 このデバイスは、DeCapperからのサイズが 20% 減少しているため、ベンチスペースが限られている場所に簡単に適合します。 このデバイスは、スタンドアロンユニットとして操作することも、Hamilton Robotics液体ハンドラー、またはサードパーティ製のロボットアームに統合することもできます。 DeCapper SLの特徴 スタンドアロンデバイスとして操作することも、液体ハンドリングシステムまたはサードパーティ製のロボットアーム と統合することもできます。オンデッキグリッパがアクセスできるように液体ハンドリングデバイスの隣に簡単に配置でき、ラボウェアをデバイス間で移動できます。他の周辺機器を統合し、スペースを最大限に活用する デキャップヘッドを 24、48、96 形式のチューブラックでデキャップチューブに簡単に交換する 1 つのデバイス上の デキャップのみ必要なチューブをデキャップする-すべての行、選択した行または列、または部分ラック ランドスケープ形式のプロセスチューブ 内蔵セキュアモードにより、クロス・スレッドを除去するためのキャッピング時の最適なシール オプションのロー・ループ・モードを使用して、チューブが開く時間を最小限に抑えます。デキャップ後にキャップを保持し、すぐに再キャップすることで、一度に1列のみを処理します。 新機能:6チャンネル・ヘッド 48と96の他に、24フォーマットのチューブを使用可能。フォーマットチューブは、 内部または外部スレッド チューブやバイアルの多種多様なデキャップ研究所は、その特定のニーズに最も適しているチューブのボリュームとタイプで作業することができます 仕様 寸法 (長さ×幅×高さ) 533.5 mm x 334 mm x 452 mm (21.0 x 13.1 インチ x 17.8 インチ)

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。