動物用麻酔ワークステーション R500IE
齧歯類用卓上ガス排気システム付き

動物用麻酔ワークステーション
動物用麻酔ワークステーション
動物用麻酔ワークステーション
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

患者のタイプ
動物用
動物のタイプ
齧歯類用
エルゴノミクス
卓上
オプション
ガス排気システム付き

詳細

小動物に適した多機能麻酔液:ラット、マウス、ハムスター、モルモット、ウサギ、ネコ、その他7Kgまでの動物。 このシステムは、疾患モデル動物の開発などの大半の手順において、小動物の麻酔に完全なソリューションを提供することを目的としています。 この麻酔システムには、安全な実験環境を作るためのアクティブなガス回収システムが搭載されており、オペレーターの保護を最大限にしながら、in vivo実験のニーズに応えることができます。 MRIバージョン。このソリューションでは、コーンマスクに代わる同心円状のチューブマスクにより、テーブル上の動物の位置がより柔軟になり、動物の頭部周辺のフィールドが広くなります。最も重要なのは、麻酔に伴うガス状の排出物が積極的かつ安全に除去されることです。 多機能麻酔ソリューションには、気化器、流量計、誘導チャンバー、エアポンプ、ガススカベンジャー、カートリッジが含まれています。 統合された温度補償器は、異なる温度と流量(0.2~10 L / min)で麻酔ガスの濃度安定性を確保します。 麻酔ガス出口圧力範囲 △P≦2.5kPa 適用温度範囲10-35 ℃ 優れた密閉性:50kPaの内圧でも安定している 内蔵容量120 ml:イソフルラン気化器の濃度範囲は0~5%(セボフルラン:0~8%)。 安全性を確保するために、事故防止の開錠と閉塞状態での保護機能を搭載

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。