体外受精用実験用培養器 STEINER
卓上加熱

体外受精用実験用培養器
体外受精用実験用培養器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
体外受精用
設置
卓上
その他の特徴
加熱
容積

0 l (0 gal)

詳細

シュタイナーのバイアルウォーマーは、NUNCバイアルを交換する必要性を示す音声信号を備えた世界初のウォーマーです。NUNCバイアルが6mlの吸引液で満たされると、すぐに音声信号が聞こえます。NUNCバイアルを交換する前に、卵胞が完全に潰れるまで吸引を続けることができます。 吸引された液体の温度は、市場で最も洗練されたマイクロプロセッサ支援の温度制御ユニットの1つである「CAREL IR33W7LR20」によって制御されます。加熱には最新のPTC加熱素子を使用し、温度に応じて消費電力を事前に自動調整します。そのため、本体のコールドスタートからの準備時間はわずか15分です。 主な機能 NUNCバイアル交換の必要性を示す音声信号を備えたファーストバイアルウォーマー。 暗い手術室で医師が吸引ポンプを停止させるための音響信号を聞くことができます。 吸引ポンプの有害性を回避 検査室へのバイアルの持ち運びなど、介助者がより柔軟に対応できるようになりました。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。