研究室用バイオリアクター 210517
細胞培養用微生物発酵用製薬産業

研究室用バイオリアクター
研究室用バイオリアクター
研究室用バイオリアクター
研究室用バイオリアクター
研究室用バイオリアクター
研究室用バイオリアクター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 微生物発酵用, 製薬産業, 科学研究用, ワクチンの開発用, 生産用, 食品産業用
その他の特徴
滅菌可能, 自動, 撹拌器付

詳細

総容量:350L 250L D:H:1:1; 作業量:70%~75 容器:主材料はステンレス鋼316L、タンク内面はRa≤0.2umの研磨仕上げ、ジャケットは304、断熱層は304です。 外面はサンドブラスト/ドローイングによるマット処理 Ra≤0.8um。タンク内の死角なし; タンク内の液体レベルのための大きな視野角の観察サイトグラス、トップサイトグラス、サイドの2つのストリップサイトグラス、12V安全サイトライトを採用し、温度と、液体レベルのインターフェイス、接種ポート、再充填ポート、CIPクリーニングポートと複数のスペアポート、すべての溶接はしっかりときちんとした、美しいです。 容器の設計圧力: 0.35Mpa ジャケットの設計圧力:0.35Mpa。 安定した均一な温度制御は、発酵を成功させるための基本条件であるため、最適な分流設計により、交換効率とタンク内の温度の均一性を向上させています。 モーター周波数変換ドライブ、ドイツSEW社の周波数変換モーターを採用。モーターとタンク本体を別々に設計することで、タンク本体の重量を大幅に削減し、操作をより簡単に、より便利にし、多くの人手を節約することができます。 フィルター。サルトリウス社製の0.2μm 99.99%の精度を持つ殺菌の二次フィルターを採用し、自動殺菌、自動乾燥を実現しています。 タンク圧力圧力センサー(ドイツ式ボーデ)を採用し、タンクの圧力を自動的に制御・調整、圧力電極によるデジタル表示。 撹拌形態2~5段の3プロペラ、ブレードの高さは調整可能、ブレードの量は増減可能

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。