原子吸光分光光度計 LX100AAS
原子吸光分析装置(AAS)卓上

原子吸光分光光度計
原子吸光分光光度計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
原子吸光, 原子吸光分析装置(AAS), 炎
その他の特徴
卓上
波長

最大: 900 nm

最少: 190 nm

詳細

原子吸光分光光度計 LX100AAS 原子吸光分光光度計 LX100AASは、グラファイトシステムが完全に自動化されたフレーム/グラファイトファーネス一体型のアトマイズシステムです。炎の温度は2300~2900ºCの間で連続的に調整可能で、最適な霧化温度を選択することができます。豊かな酸素の炎は、環境を汚さず、人体にも有害ではありません。フレームAAS分析の常識を覆すものです。 特徴 一体型フレームと黒鉛炉アトマイザーの切り替えは自動制御で、人手を必要としない簡単な操作と時間短縮を実現しました。 火炎放射分析を行うために、K、Naなどのアルカリ金属用の火炎放射バーナーヘッドを取り付けることができます。 6灯式自動ターレットを搭載し、ランプ電流の自動調整や光ビーム位置の最適化が可能です。 波長スキャン、ピークピッキング、スペクトルバンド幅の変更、位置パラメータの最適化、自動点火、ガス流量の設定などのパラメータは自動的に行われます。 グラファイトファーネスでの分析は、FUZZY-PIDとデュアルカーブモードの光制御温度制御技術、温度自動補正技術を採用しており、高速加熱、良好な温度再現性、高い分析感度を実現していて、完全な信頼性と自動化を実現しています。 温度制御の精度は1%以下 空圧制御と圧力ロックを備えたグラファイトファーネスは、一定の圧力と信頼性の高い接触を保証します。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Labdex Ltd.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。