実験用顕微鏡 / CARS / 共焦点
TCS SP8 CARS

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
実験用顕微鏡 実験用顕微鏡 - TCS SP8 CARS
  • 実験用顕微鏡
{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    実験用

  • 種類:

    CARS

  • 方法:

    共焦点

詳細

CARS 顕微鏡 - 無染色イメージング Leica TCS SP8 CARS

TCS SP8 CARS(コヒーレントアンチストークスラマン散乱)共焦点顕微鏡を使用することで、試料をイメージングするための蛍光標識は不要になります。 CARS テクノロジーは試料内の各種分子固有の振動状態によって生じる画像コントラストを活用しています。 蛍光標識が不要なため、試料は染色やイメージングによる影響をほぼ受けません。

細胞、組織、さらに小さな有機体を含む、様々な生きた試料を高速かつ高分解能で画像化することが可能です。 この顕微鏡の性能を可能にしているのが、可視、赤外(IR)・紫外(UV)レーザー、第二次高調波発生(SHG)、そしてCARSです。

フレキシブルで操作性に優れた TCS SP8 CARS は研究機関やマルチユーザー施設に最適な機器です。

誘導ラマン散乱(SRS)オプション ご要望に応じて、完全に統合された誘導ラマン散乱ソリューションを提供します。

蛍光標識不要で試料本来の状態をイメージング

無染色イメージングを可能にするCARS テクノロジーを TCS SP8 共焦点プラットフォームへ統合することにより、従来の蛍光標識に基づいたイメージングの限界を克服することができます。 試料に含まれる各分子固有の振動状態により画像コントラストが実現するため、試料の染色は不要です。 これにより、CARS は退色や染色によるアーティファクトが生じません。