手動式診療台 Bobath
高さ調節可能な2セクション

手動式診療台
手動式診療台
手動式診療台
手動式診療台
手動式診療台
手動式診療台
手動式診療台
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

作動
手動式
機能
高さ調節可能な
セクション数
2セクション
耐荷重

400 kg
(881.8 lb)

長さ

207 cm
(81.5 in)

100 cm, 120 cm
(39.4 in, 47.2 in)

高さ

最大: 95 cm
(37.4 in)

最少: 40 cm
(15.7 in)

マットレスの厚さ

30 mm
(1.2 in)

詳細

1.非常に高い安全作業荷重(SWL) 400 kg 2.特許取得の構造により、テーブルは頑丈で酷使に適しています。 3.利用者リフトは、テーブルを最も低い高さ(40 cm)にしても、下に簡単に収まります。 リニューアルされたロジャー・ボバスマット治療台は、主に神経治療とボバス治療用に設計されています。特許を取得した構造により、非常に頑丈で、常に酷使する場合にも適しています。セラピストが治療中の患者と同時にテーブルの上にいることができるように設計されており、安全作業荷重(SWL)は最大400kgと驚異的です。 テーブルトップは高水準の布張りで、側面はプラスチックの縁取りで強化されています。張地は耐久性に優れ、抗菌加工が施された生地で、お手入れも簡単です。テーブルトップのフォームの厚さは30mmで、患者表面の弾力性が少なく、神経疾患の検査や治療に適しています。ボバスのフレーム構造により、テーブルを最も低くした状態でも、患者用リフトがその下に簡単に収まります(地上高15cm)。最低高さが極めて低い(40cm)ので、車椅子の患者でも楽にテーブルに乗ることが出来ます。 ラインナップ 2つのモデルがあります:4010XBは天板が一枚板、4020XBは天板が二枚板で背もたれ部分が調節可能です。両モデルとも、患者の快適性を高めるために、オプションでフェイスホールを装備することができます。両モデルのモーターは重力を利用して下降し、緊急時(機構間に何かが挟まった場合)にはテーブルが上昇します。 このノベルティは2020年春に発売された。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。